FC2ブログ

モンテッソーリと勇気づけ子育ての共通点

モンテッソーリ教育とアドラー心理学の勇気づけをほぼ同時期に勉強して感じたことは「共通点が多いなあ〜!」ということでした。

アドラー氏とモンテッソーリ女史は第一次世界大戦前後という同じ時代を生き、実際に手紙のやり取りなどを通じてお互いの考えを伝え合っていたようなので、互いに影響される部分は多分にあったのかもしれません。

共通点は例えば、それぞれの教育を通じて「世界の平和に貢献する人物を育てる」という最終目的のような大きなものから「自立」や「社会との調和」など基本的なものまで様々ですが、「罰を与えず、結末を体験させる」という考え方もその一つ。

「傘をささずに雨の中を歩いたら濡れる」、これは自然の結末です。
雨に濡れるのが嫌だったらこれからは傘をさして歩こうとするだろうし、もしくは家から忘れずに傘を持っていくようになるでしょう。

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」という本の中に次のようなくだりがあります。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
(2014/02/28)
小倉 広

商品詳細を見る


「罰を与えるのではない
結末を体験させるのだ
子供が食事の時間になっても帰ってこなければ、
一切叱らずに食事を出さなければよい。」

食事時間になっても遊びほうけてなかなか家に帰って来ない子供がいるとします。
母親は子供が遅くなるたびに食事を温め直し、後片付けを二度しなければならない。
もしくはその子が帰ってくるまで他の家族も食事を始めることができない。
第二次世界大戦後にアドラーの後を継いで彼の心理学を体系化したルドルフ・ドライカース氏はそんな母親たちに対して次のようなアドバイスをしているそう。

「『食事の時間を守らなければ食事は出しません』。このように子供と約束をし、それを守ればいいのです。子供が遅く帰ってきて、『お母さん、ご飯は?』と聞いたら、『残念ね。遅れてきたから出せないわ』と答えればいいのです」

これは先ほどの「自然の結末」とは違って「論理的結末」と呼ばれています。
この時に気をつけることは、不機嫌な顔をしたり、とげのある態度を示したり、クドクドと小言を言わないこと。
これをすると子供に対する「罰」になってしまうので、あくまで普段通りにさらっと。
目的は「結末を体験させて気づかせる」ことなのです。

また、ここで「子どもがかわいそうだから」と同情心を出して食事やおやつを与えてしまったら、子どもは「お母さんは最終的には言うことを聞いてくれる」ということを学んでしまうので、約束は最後まで守る姿勢を貫くことが大事です。
親側も忍耐と努力が必要だし子どもにとっても厳しく見えますが、キーフレーズは「この経験から子どもは何を学ぶだろうか?」ということ。
そしてキーワードは「本気」。

これはいろんなバージョンがあって、私のワークショップの中では他にもこんなエピソードを出しています。
「子どもが電車の中(公共の場)で騒ぐ場合」
「食事中に立ったり座ったりして落ち着かない場合」
「出したお食事を食べてくれない場合」

アドラー心理学では「優しく、きっぱりとした」子育てを目指しています。
基本的な考えを知り、常に「この体験から、子どもは何を学ぶのか?」と考え、それをアドラー心理学が設定する子育ての目標に照らし合わせて対応すればいいので、慣れてくればあとは応用なので何にでも使えるようになります。

ちなみにモンテッソーリとアドラーの子育ての違いの一つは、モンテッソーリは子どもの教育が中心、アドラーは子どもを育てる母親の教育を中心に据えている、というところでしょうかね^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ ワークショップは少人数のリクエストベースで受け付けています(一対一のプライベートやセミプライベートも承ります)。詳細は右側のメールフォームからお気軽にお問い合わせください♪

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ありのままの幸せは「比べない子育て」から

私のクライアントさんから教えていただいたこちらの雑誌。

cover_book.jpg

「ありのままの幸せは「比べない子育て」から」という特集が組んであり、その中にアドラー心理学の育児講座が紹介されていたそうです♪

アドラー心理学では「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という概念が根底にあるのだけど、確かに私たちが持ち得る悩みのほとんどすべてが他者との優劣の比較から起こるものですよね…^^;

意識的にせよ無意識にせよ、人と自分、他人の子と自分の子を比べる子育ては結果的に自分も子どもも苦しめてしまうものだと思うので、できるだけ多くの方にアドラー流の育児の仕方を学んでもらって気楽に子育てしてもらえるようになればいいなあと思っています。

私も知り合いから頼まれたのをきっかけに、少人数のリクエストベースで少しずつ「勇気づけ」を始めとしたアドラー流の子育ての考えを自宅やプレイデートへの出張でお伝えしているところなのですが、「子どもが赤ちゃんの時から知ってればよかった!!」と仰る方がほとんど。
でも、いつ始めても決して遅くはないんですよね。

アドラー心理学の講座以外にもいろんな記事があるようなので、ご興味のある方はぜひこちらの雑誌をご覧になってみてくださいね。
私もClub Japanで買おうかなあ^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 欲しい本が多すぎて困ります(笑)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ストレングスファインダーと私の強みTop5

私の師匠、佐々木のり子さんによるシンポジウム二日目。

この日は事前にストレングスファインダーという強みテストを受け、それによって判明したトップ5を持って参加しました。
ストレングスファインダーはアメリカに本社があるギャラップ社という会社が出している、潜在能力がある分野を特定するオンラインの才能診断システムのこと。

ストレングスファインダーのスペシャリストでもあるのり子さんが、一つ一つを詳しく解説してくださいました。

ちなみに私のTop 5は、

最上志向:
強みに焦点を充てて、自分自身の、あるいは組織の成果を引き上げようとする。平均点以上のものを最高のものに磨き上げようとする高い意欲を持っている。

内省:
ひとりになって、落ち着いて深く静かに内省することを大切にする。知的なディスカッションを好む。

収集心: 
もっともっと知りたいという欲求に突き動かされている。ありとあらゆる情報を集め、保管しておくことを好む。

未来志向: 
将来これから起こりうるかもしれないことにインスパイアされる。未来のビジョンを共有して、周囲の人のエネルギーを高めることができる。

着想: 
アイディアに魅了される。一般的には何の関係もないと思われるような事柄の間につながりを見いだすことができる。

となりました。

Top5のみだったら、9.99ドルですぐに受けることができるのでオススメです♪

ストレングスファインダーの受け方はこちら。

下記のいずれかの本を購入すると
PCにアクセスできるIDがもらえます。
PCで「ストレングスファインダー日本語」と検索し
約40分くらいかけて、問診に答えて
見つけるやり方です。

IDがついている本
「さぁ、才能(じぶん)に目覚めよう」
「幸福の小さなバケツ」
「ストレングスリーダーシップ}

本の購入をせずに直接行うやり方その2

 1.新規で34資質を取得する場合
https://dl.dropboxusercontent.com/u/52932534/SF/ALL34.pdf

 2.以前診断済みの結果から34資質を取得する場合
 https://dl.dropboxusercontent.com/u/52932534/SF/ALL34_Pre.pdf
 
3.新規でTOP5を取得する場合
 https://dl.dropboxusercontent.com/u/52932534/SF/TOP5.pdf

ランチのあとは私立のお受験ガイドを含む、NY市における学校選びについての説明会もありました。
私の娘たちと同じシュタイナー学校に通っているお子さんのママさんがレッジョ・エミリアアプローチを導入しているプリスクールでアートの先生をされているのだけど、その方のプレゼンテーションがすごくよかった!

その中に「賞と罰で育てるのは逆効果で、大切なのは勇気づけのサポート」みたいな内容があったのだけど、これってアドラー心理学の子育てと全く同じだ〜♪となんだか嬉しくなっちゃいました^^

IMG_0009.jpg

この二日間、のり子さんに直接お目にかかることができて本当に嬉しかったです。
人間としてもコーチとしてもとにかく「別格」な方だと思うので、最上志向がある私としては(笑)のり子さんから直接コーチングを学ぶ機会に恵まれて本当にラッキーだったな〜と思っています☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ  

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

私の師匠 in ニューヨーク

私のコーチングの師匠であり、マザーズコーチ・ジャパンの創立者&代表理事でもある佐々木のり子さんがニューヨークでシンポジウムを開催されました。

相手に寄り添い、何気なく発する言葉を優しく捉え、相手の五感をフル稼働させながら進めていくのり子さんのコーチング、とっても懐かしかったです。
私もこのやり方を根本からみっちりと教えてもらいました^^

Motherscoach.jpg

のり子さんと共に、映画監督の我謝京子さんやmsterio代表の寺尾のぞみさんというニューヨークで活躍されているオトコマエな大先輩ママたちが繰り広げた子育て本音トークもすごくおもしろかったです。

・日常で出会う小さなシーンに子どもの強みが隠されている
・18歳まではメリハリをつけて育て、18歳からは100%子どものことを信じて干渉しない
・しつけとは、人の痛みや喜びがわかる人間に育てること
・一つの出来事を単なる不幸として取るか、チャレンジとして取るかで人生が変わってくる
・子育ての基本はブレないこと
・感情で怒らない、理性を持って怒る(叱る)
・とにかく期待しすぎない
・キーワードは「観察」

などなど、お三方の子育て経験談から出て来る言葉の数々はとてもためになるものばかりでした。

母親って偉大だな、母になるって本当に素敵なことだな〜と、しみじみ。
こんな私を母にしてくれた娘たちに、あらためて感謝の念が湧いた一日となりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 二日目に続きます♪ 

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

「アドラー心理学」のオンラインマンガ

2014年に読んだ本の中でいちばん印象に残った「嫌われる勇気」。

私の中では小学生時代に出会った永遠の愛読書「赤毛のアン」や「アンネの日記」、中学時代にハマった「源氏物語」や「氷点」などに匹敵するくらいの重みを持つ本となりそうな気がします。

Adler.jpg
Amazonの2014年書籍年間ランキング「和書総合」第1位だったそうです♪

この本にはよく見ると「自己啓発の源流 アドラーの教え」という副題が付いているのですが、私がこの本をきっかけにアドラーの教え(=アドラー心理学)にハマったのは、「世の中にこんな考え方があったなんて!」と今までの自分の中での常識を覆され目から鱗が何枚もはがれ落ちるような思想に触れたと同時に、「今まで何となく感じていたことを見事に論理的に説明してくれた」といういわゆる「腑に落ちる」という経験を同時に味わったから、と言えると思います。

ちなみに鱗が落ちたのは「目的論」
人のせいにするのが得意技だった私には厳しい劇薬でした。

腑に落ちたのは「他者の課題を切り捨てよ」「人生とは連続する刹那である」など。
私は昔から人にどう思われようが我が道を行く性質なので、ある程度までは課題の分離ができているのかもしれません。
…子どもに対してはまだ難しいのだけどね^^;

私が十代の頃愛読していた「道は開ける」「人を動かす」の著者デール・カーネギーや、世界的ベストセラー「7つの習慣」のスティーブン・コヴィー、そしてアメリカ人が「人生でいちばん影響を受けた本」としてよく挙げるというナチスの強制収容所体験を描いた「夜と霧」の著者フランクルもみんなアドラー心理学の影響を受けているのだとか。
そして私が資格を持っているコーチングも、アドラー心理学のカウンセリングが基となっています。

なのでいろんな著作やコーチングで学んだことを通して以前からなんとなくアドラー心理学の考えには触れてきていたとは思うのだけど、やっぱり本家は別格。
個人的には「知らないと人生損するよ!」と断言できるくらい、大きな影響を与えてくれる心理学だと思います^^

百聞は一見(一読)にしかず、ということで「嫌われる勇気」を読んでもらうのがいちばんなのだけど、活字はどうも苦手…という方にはわかりやすくおもしろいオンラインマンガがオススメ。
ちょっとHで脱線気味なところも見受けられますが…ちゃんとポイントは突いていると思います(笑)

マンガで分かる心療内科 「アドラー心理学編」

第一回の「目的論」の解説の最後にはこう書いてあります。

このアドラー心理学。

「人間の幸せとは何か?」
「人は何のために生きているのか?」

などといった壮大なテーマから、

「キズついた過去とどう向かい合う?」
「人間関係を最大限にうまく進める方法とは?」

という身近なテーマまで、すべてにたいしての「答え」が含まれている心理学です。


すべてに対しての「答え」がわかりやすく提示されているところもアドラー心理学の魅力のひとつですので、ご興味のある方はぜひマンガを読んでみてくださいね☆

嫌われる勇気がP35まで立ち読みできるオフィシャルサイトはこちら♪
嫌われる勇気 official web site

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 私が周りに勧めまくっているせいか、友人たちのあいだでもちょっとしたアドラーブームが巻き起こっています^^ 

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tiare

Author:Tiare
マンハッタンの片隅で二人の娘たちを育てる、国際公務員のワーキングママ。

私自身がこれまで住んできた国々(日本・カナダ・スイス・フランス領ポリネシア(タヒチ ボラボラ島)・オーストラリア・英国スコットランド)とここニューヨークで経験した様々な文化や習慣を娘たちに伝えながら、日本語・英語・フランス語のトライリンガル教育を実践しています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Trip Advisor Japanおすすめブロガー認定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR