3-6歳のフィランソロピーレッスン

ちびあのクラスメイトのママからお誘いいただき、3-6歳のためのフィランソロピークラスに参加してきました☆

フィランソロピーとは「人類への愛にもとづいて、人々の「well being」(幸福、健康、クオリティ・オブ・ライフなど)を改善することや高めることを目的とした、利他的活動や奉仕的活動を指す。あるいは慈善的な目的を援助するために、時間、労力、金銭、物品などをささげる行為のこと(Wikipediaより抜粋)」だそう。

まずはみんなで輪になって自己紹介♪

IMG_5095.jpg

フィランソロピー教育の目的は、子どもたちの「社会に貢献する心」の種を蒔き、それを育てること。
そして、社会貢献の経験を通して自分たちがいかに社会にとってかけがえのない存在であるかに気づかせ、自己肯定感を高めることだそう。

最初に、どんな種類のフィランソロピーがあるかみんなで話し合いました。
この日学んだのは大きくわけて三つのこと。

・Time: 時間を捧げること(お手伝い、ゴミ拾いなどの奉仕活動)
・Talent: 才能による貢献(絵を描いたり楽器を演奏したりなど、自分の才能を生かして人の役に立つこと)
・Treasure: 自分の宝物を分け与えること(お金、洋服、おもちゃなどを必要としている人に寄付すること)

IMG_5098.jpg

その後、あらかじめ切り抜いてある写真は「時間・才能・宝物」のそれぞれどの貢献活動に属するかを、考えながら分けていく作業を行いました。

IMG_5099_20160410022504d8d.jpg

IMG_5117.jpg

「お友達の靴の紐を結んであげるのは、時間と才能どっちかなあ?」など、一つ一つを一生懸命考えていた娘たち☆

IMG_5110.jpg

再び輪になって、自分が仕分けしたものを発表♪
大人でも「これはどっちかしら?」と迷いそうになるものも、みんなちゃんと理解していてびっくりでした!

IMG_5121.jpg

ストーリータイムには「Treasure」をテーマにした本を読んでもらったよ♪

IMG_5122.jpg

虹色のウロコを持つ魚が、それをうらやましがる他の魚たちに自分のウロコを一つずつわけてあげるというお話です。

The Rainbow Fish Board Book by Pfister, Marcus published by North-South / Night Sky Books (1996) BoardBook


最後は虹色のお魚のクラフトをして終了☆

IMG_5126.jpg

アドラー心理学の「幸せ=貢献である」という定義にも通じるお話だったので、私にとってもすごく興味深いレッスンでした!

自分のできる範囲で身近な人に貢献するという日々の心構えと、人様のお役に立つことができるという自信、そしてその二つを携えながら、一つ一つの地道で小さな貢献を積み重ねて喜びを生み出していくことこそが、子どもたちのフィランソロピー精神を養っていく上で何よりも大切なことなんでしょうね。

次回は7-12歳の子向けのクラスにも参加してみたいなと思います♡

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 今回も親子で良い経験をさせていただきました。誘ってくれたお友達に感謝です^^
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tiare

Author:Tiare
マンハッタンの片隅で二人の娘たちを育てるワーキングママ。

・モンテッソーリ教育
・アドラー心理学の勇気づけ(ポジティブ・ディシプリン)
・教育キネシオロジー・ブレインジム

を三本柱に、少女の頃より住んできた国々(カナダ・スイス・フランス領ポリネシア(タヒチ)・オーストラリア・イギリス)とニューヨークで出会った様々な学校&家庭教育メソッドを楽しく研究&家庭で実践中♪

また子育てライターとしても、子育てキュレーションサイトUp to you!アーレックス流ライフスタイルなどに記事を寄稿しています。

******************
よく送料無料キャンペーンをやっているので、いつもここで本を買っています。
海外在住者にオススメです♡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Trip Advisor Japanおすすめブロガー認定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR