François Payard Pâtisserieのガレット・デ・ロワ

我が家の毎年一月の楽しみは、エピファニーにいただくフランスのパイ菓子「ガレット・デ・ロワ」

最近はニューヨークでも扱うベーカリーが増えてきたので、チョイスがいろいろとあって嬉しいです♡
そんな中、今年のガレット初めには「François Payard Pâtisserie」のものをいただいてみました。

DSC_0178_20160105112458a8d.jpg

KCが買ってきてくれたのは4人用サイズ。
王冠の中にすっぽり収まっちゃう♪

DSC_0169.jpg

早速切り分けて、いちばん小さなちびあから順番に自分のパイを決めていきます。
今年のフェーヴが当たったのはパパ☆
マカロンのフェーヴだったよ^^

DSC_0197_20160105112501a0f.jpg

ところで、アメリカでガレット・デ・ロワを販売するベーカリーが増えるに連れ、フェーヴをノドに詰まらせたり、間違って噛んでしまって歯が欠けたりなどの事故も多発しているそう。

そのため箱にはどのような事故にも一切責任は取らない旨の注意書きがなされていました。
こういうところ、なんともアメリカらしいです^^;

DSC_0185.jpg

Payardのガレットはとっても美味しかったけれど、パイの卵の匂いが少し気になったかな…。

有名どころのベーカリーだったらきっと販売しているはずですので、お気に入りのフレンチベーカリーがあればぜひ問い合わせてみてくださいね♪
季節モノなのでホームページには載っていなくてもFacebookやインスタグラムで紹介されていたりしますよ〜^^

ニューヨーク内でGalettes des Roisを作っている主なお店のリストはこちらでどうぞ♪

Galettes des Rois: 15 Places in NYC to get your Epiphany Treats

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 毎年二回はガレット・デ・ロワをいただいている我が家なので、次はどこのお店のにしようかな〜と迷い中。今のところの有力候補はMaison KayserとMille-Feuilleです^^
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tiare

Author:Tiare
マンハッタンの片隅で二人の娘たちを育てる金融系ワーキングママ。

私自身がこれまで住んできた国々(日本・カナダ・スイス・フランス領ポリネシア(タヒチ ボラボラ島)・オーストラリア・英国スコットランド)とここニューヨークで経験した様々な文化や習慣を娘たちに伝えながら、日本語・英語・フランス語のトライリンガル教育を実践しています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Trip Advisor Japanおすすめブロガー認定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR