FC2ブログ

MSCファンタジア、最後の夜☆

MSCファンタジアの地中海クルーズ、とうとう最終日の夜になってしまいました。

最後の夜のディナーでは、お世話になったレストランのウェイターさんや、娘たちを可愛がってくれた周りのテーブルのお客さんたちにお別れを言いました。
特にイタリア人のウェイターさんはちびあが大のお気に入りで、毎回おでこにキスをしてくれていたくらい^^

その後は船の中央にあるアトリウムへ。

20140512182822a53.jpg

ここではクラシック音楽の生演奏を聴くことができます。
リクエストもできるそう♪

201405121828220e1.jpg

ファンタジアの名所「スワロフスキー階段」。

20140512182902146.jpg

最後の記念撮影をしました☆

20140512182822c0b.jpg

2014051218282252b.jpg 2014051218290229c.jpg

201405121828227c0.jpg

娘たちのギリシャドレス姿は西洋人にはとてもエキゾティックに映ったらしく、たくさんの方が褒めてくださいました。
「まるでギリシャ神話に出てくる小さな女神たちのようだね」と言ってくださる方も^^

20140512183713147.jpg

最後に船内の様子をちょこっとご案内♪

船のいろんな場所でカメラマンさんが写真撮影をしてくれるので、こちらで写真を見て気に入ったものがあれば購入できます。

201405121829021db.jpg

2014051218290262f.jpg

マンハッタンバー(避難訓練や、日本語での乗船説明会の会場としても使われました)

20140512182822536.jpg

201405121847050dc.jpg

コーヒーやケーキがおいしい、有料カフェ

2014051218470585f.jpg

カジノ

201405121847053c1.jpg

バーやラウンジは船内のいろんな場所にあります。

201405121847052d5.jpg

201405121847057e0.jpg

船内のでお洗濯事情について。

乗客が使える洗濯機はありません。
私たちは利用しなかったけれど、お部屋にある紙袋に20点ほどを詰め込んで25ユーロというお得プランも用意されていました。
朝の10時までに出すと、その日ではなく翌日の5時前に仕上がるという感じだったかな。
40ユーロ出したらその日中に仕上げてくれるそう。

私たちは乾きやすい衣類中心に持って行ったので、夜洗ってバスルームに干していたら朝までには乾いていました。
夜はすごーく乾燥するので、乾燥防止としてもオススメ。
洗濯洗剤も一応持って行ったけど、気にしない方なら備え付けのボディソープで充分です。

お部屋によって違うのかもしれないけど、私たちのお部屋のシャワーブースの上には洋服を吊るすための紐が通っていたので、そこに干すことができました。
お友達のアドバイスに従って家から持って行った針金ハンガーと子供用ハンガー、洗濯ばさみが役に立ちましたよ^^

全体的な印象について

ディズニークルーズと比べたらスタッフがいい意味でカジュアル、悪い意味ではちょっといい加減な印象でした。
愛想のないスタッフもたくさんいたし、各港で下船する時もお客さん優先ではなく、我先にと観光に降りて行くスタッフがいたりしたので緊急脱出時のことが不安になったくらい^^;

MSCクルーズは子ども料金が18歳まで無料(ポート料金のみ)ととてもカジュアルなだけあって、もちろん私たちも含めてお客さんもやはりそれなりのレベルという感じだったかな…。
特にイタリア人やフランス人が多かったのだけど、この人たちがとにかく順番を守らないわ、しれっと列に割り込んでくるわでモラルのなさが見受けられ、閉口させられることもしばしばでした。

この船の乗客だけではなく、これはヴェネツィアなどでもイタリア人に対して感じたことだったので、イタリアに行く時は「横入りしないでください」「ちゃんと後ろに並んでください」くらいのイタリア語を覚えて行った方がいいかもしれません(笑)
イギリスやアメリカではほとんどないことなので、結構びっくりでした。
ラテン系ってこうなの?!
これもイギリス人が言うところの「大陸気質」の一種でしょうかね…^^;

イタリアは子どもに優しい国って聞いていたけど、フランスと比べると優先待遇もあまりなくそういう風には感じなかったかな。
ただ皆さんとっても子ども好きみたいで、娘たちはどこに行っても「ベリッシモ!」「ビューティフル」などと連呼され、可愛がってもらいました。

この旅で娘たちが覚えたイタリア語は「ボンジョルノ(こんにちは)」「ボナセーラ(こんばんは)」「グラツィエ(ありがとう)」「バンビーノ(子ども)」「チャオ」など。
特に「チャオ」は英語の「Hi」にも「Bye」にもなる言葉なので便利ですね☆

朝から晩までやること盛りだくさんで、夜はいつも倒れこむように眠っていたこの7日間でしたが、とっても楽しかったです♪
最後の夜はお部屋の外にスーツケースを午前1時までに出さないといけなかったので、必死に荷造りをしました。
やっと終わって眠れる〜と思ったら、この日は風が強く、船が結構揺れたから怖くてなかなか眠れず…><

翌朝にはヴェネツィアに到着して下船、そして私たちは次の目的地へと向かいます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tiare

Author:Tiare
マンハッタンの片隅で二人の娘たちを育てる、国際公務員のワーキングママ。

私自身がこれまで住んできた国々(日本・カナダ・スイス・フランス領ポリネシア(タヒチ ボラボラ島)・オーストラリア・英国スコットランド)とここニューヨークで経験した様々な文化や習慣を娘たちに伝えながら、日本語・英語・フランス語のトライリンガル教育を実践しています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Trip Advisor Japanおすすめブロガー認定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR