MSCファンタジア&ヴェネツィアとお別れ♪

MSCファンタジア号での7泊8日地中海クルーズ、とうとう最終日です。

下船日はルームサービスが利用できないので、14階のビュッフェで朝ごはん。
8時までにお部屋をチェックアウトしなければならないとのことで、7時くらいでもビュッフェはほとんど満席でした。

ヴェネツィア入港は8時の予定だったのだけど、船内放送があり9時45分頃になるということ。
私たちは12時55分にサンタルチア駅発の列車のチケットを取っていたので「間に合わなかったらどうしよう…」と少し不安に…^^;

しばらくお部屋で待機したあと、下船前に割り当てられた集合場所に行くことにしました。
お部屋のバルコニーにて。

2014051318172841e.jpg

毎日とても親切だったお部屋係の方と記念撮影♪

2014051318172845e.jpg

集合場所だったシアターは大混雑。
スイス在住だというアメリカ人のご家族は「11時半の電車だけど、間に合うかなあ…」と心配そうでした。
結局間に合ったのかしら…?

10時過ぎくらいにようやく下船開始。
下船できる順番は前日に配られた荷物のタグの色で決まります。
私たちはいちばん最初に下船できる「茶色タグ」のグループだったのでラッキーでした。

船を降り、クルーズターミナルに並べられている荷物をピックアップ。
サンタルチア駅への行き方を地上スタッフに聞き、クルーズターミナルからタクシーに乗ってローマ広場まで行きました。
クルーズターミナルからローマ広場まで5分程度しかかからないのに、料金は一律20ユーロとぼったくり価格。
道理でみんなタクシーを使いたがらないワケだわ…。

しかも駅へはタクシーが直接乗り入れられないため、ローマ広場からは徒歩で橋を越えなければなりません。
この橋が階段なので結構辛い…。
荷物を一つを5ユーロで運んでくれるという人が、橋の周りに待機しているというのも頷けます。
お天気だったから良かったものの、雨の日に荷物&子連れで橋を渡るのは大変かもしれません。

他にもMSCの無料シャトルバスでピープルムーバーまで乗せてもらい、そこからピープルムーバーに乗ってローマ広場まで行く方法もあります。
ローマ広場からサンタルチア駅までは、ヴァポレットで一駅、もしくはウォータータクシーですぐなのでそれを利用することも可能。

橋の上にて。

201405131817284f9.jpg

橋を越えたらサンタルチア駅に到着です。
これはヴェネツィア初日にヴァポレットから撮ったもの。

20140513181728a53.jpg

ここからイタリアが誇る高速列車「Italo」に乗り、次の街へと向かいます☆

20140513181728e9d.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

MSCファンタジア、最後の夜☆

MSCファンタジアの地中海クルーズ、とうとう最終日の夜になってしまいました。

最後の夜のディナーでは、お世話になったレストランのウェイターさんや、娘たちを可愛がってくれた周りのテーブルのお客さんたちにお別れを言いました。
特にイタリア人のウェイターさんはちびあが大のお気に入りで、毎回おでこにキスをしてくれていたくらい^^

その後は船の中央にあるアトリウムへ。

20140512182822a53.jpg

ここではクラシック音楽の生演奏を聴くことができます。
リクエストもできるそう♪

201405121828220e1.jpg

ファンタジアの名所「スワロフスキー階段」。

20140512182902146.jpg

最後の記念撮影をしました☆

20140512182822c0b.jpg

2014051218282252b.jpg 2014051218290229c.jpg

201405121828227c0.jpg

娘たちのギリシャドレス姿は西洋人にはとてもエキゾティックに映ったらしく、たくさんの方が褒めてくださいました。
「まるでギリシャ神話に出てくる小さな女神たちのようだね」と言ってくださる方も^^

20140512183713147.jpg

最後に船内の様子をちょこっとご案内♪

船のいろんな場所でカメラマンさんが写真撮影をしてくれるので、こちらで写真を見て気に入ったものがあれば購入できます。

201405121829021db.jpg

2014051218290262f.jpg

マンハッタンバー(避難訓練や、日本語での乗船説明会の会場としても使われました)

20140512182822536.jpg

201405121847050dc.jpg

コーヒーやケーキがおいしい、有料カフェ

2014051218470585f.jpg

カジノ

201405121847053c1.jpg

バーやラウンジは船内のいろんな場所にあります。

201405121847052d5.jpg

201405121847057e0.jpg

船内のでお洗濯事情について。

乗客が使える洗濯機はありません。
私たちは利用しなかったけれど、お部屋にある紙袋に20点ほどを詰め込んで25ユーロというお得プランも用意されていました。
朝の10時までに出すと、その日ではなく翌日の5時前に仕上がるという感じだったかな。
40ユーロ出したらその日中に仕上げてくれるそう。

私たちは乾きやすい衣類中心に持って行ったので、夜洗ってバスルームに干していたら朝までには乾いていました。
夜はすごーく乾燥するので、乾燥防止としてもオススメ。
洗濯洗剤も一応持って行ったけど、気にしない方なら備え付けのボディソープで充分です。

お部屋によって違うのかもしれないけど、私たちのお部屋のシャワーブースの上には洋服を吊るすための紐が通っていたので、そこに干すことができました。
お友達のアドバイスに従って家から持って行った針金ハンガーと子供用ハンガー、洗濯ばさみが役に立ちましたよ^^

全体的な印象について

ディズニークルーズと比べたらスタッフがいい意味でカジュアル、悪い意味ではちょっといい加減な印象でした。
愛想のないスタッフもたくさんいたし、各港で下船する時もお客さん優先ではなく、我先にと観光に降りて行くスタッフがいたりしたので緊急脱出時のことが不安になったくらい^^;

MSCクルーズは子ども料金が18歳まで無料(ポート料金のみ)ととてもカジュアルなだけあって、もちろん私たちも含めてお客さんもやはりそれなりのレベルという感じだったかな…。
特にイタリア人やフランス人が多かったのだけど、この人たちがとにかく順番を守らないわ、しれっと列に割り込んでくるわでモラルのなさが見受けられ、閉口させられることもしばしばでした。

この船の乗客だけではなく、これはヴェネツィアなどでもイタリア人に対して感じたことだったので、イタリアに行く時は「横入りしないでください」「ちゃんと後ろに並んでください」くらいのイタリア語を覚えて行った方がいいかもしれません(笑)
イギリスやアメリカではほとんどないことなので、結構びっくりでした。
ラテン系ってこうなの?!
これもイギリス人が言うところの「大陸気質」の一種でしょうかね…^^;

イタリアは子どもに優しい国って聞いていたけど、フランスと比べると優先待遇もあまりなくそういう風には感じなかったかな。
ただ皆さんとっても子ども好きみたいで、娘たちはどこに行っても「ベリッシモ!」「ビューティフル」などと連呼され、可愛がってもらいました。

この旅で娘たちが覚えたイタリア語は「ボンジョルノ(こんにちは)」「ボナセーラ(こんばんは)」「グラツィエ(ありがとう)」「バンビーノ(子ども)」「チャオ」など。
特に「チャオ」は英語の「Hi」にも「Bye」にもなる言葉なので便利ですね☆

朝から晩までやること盛りだくさんで、夜はいつも倒れこむように眠っていたこの7日間でしたが、とっても楽しかったです♪
最後の夜はお部屋の外にスーツケースを午前1時までに出さないといけなかったので、必死に荷造りをしました。
やっと終わって眠れる〜と思ったら、この日は風が強く、船が結構揺れたから怖くてなかなか眠れず…><

翌朝にはヴェネツィアに到着して下船、そして私たちは次の目的地へと向かいます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

地中海クルーズ七日目♪「クロアチア・ドゥブロヴニク」

MSCファンタジアの地中海クルーズ、最終寄港地はクロアチアのドゥブロブニク☆

「アドリア海の真珠」と呼ばれる、碧い海&空とオレンジに統一された家々のコントラストが美しい世界遺産の街です。
ジブリ映画の「紅の豚」はこの街が舞台らしいですよ^^

朝の8時に港に到着。
シャトルバスに乗って、20分ほど離れた市内中心部へと向かいます。
残念ながら、この日は曇り空…。

20140512162946f26.jpg

クロアチアはEU圏ではないので、現地通貨のクーナに両替をしました。
だけどどこのお店でも大抵クレジットカードとユーロが使えるので、両替の必要はなかったかも^^;
こちらは旧市街が描かれている50クーナ。

20140512170123399.jpg

旧市街をぐるりと取り囲んでいる城壁へ。
入場料は一人100クーナでした。
ここでもクレジットカードが使えます(多分ユーロは不可)。

201405121629466d1.jpg

入ってすぐ左側に城壁への入り口があります。
ここでチケットを買い、ストローラーを置いてから階段を登りました。
この階段が結構急で怖い…。

下を見ると足がすくみます^^;

2014051216294678d.jpg

ヤシの木が南国な感じ♪

201405121629460b2.jpg

万里の長城みたいだわ〜(行ったことないけど)

20140512162946c2b.jpg

20140512162946ea5.jpg

青空じゃなかったのがつくづく惜しまれます…。

20140512163042b42.jpg

砲台は子どもたちに大人気。

201405121630421d3.jpg

リトアニアからいらしているという、優しいお姉さんと出会いました☆

20140512163042e34.jpg 20140512163042823.jpg

海側の見張り台にて。

20140512170123fc0.jpg

港の風景

20140512170123991.jpg

20140512170123188.jpg

クロアチアの国旗

201405121701230bb.jpg

ケーブルカー

20140512170123c08.jpg

陸側の見張り台からの景色

20140512170218ec3.jpg

見渡す限りオレンジの屋根という風景は、本当に美しかったです。

20140512170218412.jpg

20140512170218f08.jpg

20140512170218736.jpg

201405121702188ed.jpg

城壁めぐりが終わったあとは、メインストリートでショッピングをしました。
ここのジェラートがおいしかった〜♡

20140512170218a7f.jpg

イタリアに近いクロアチアでは、おいしいイタリア料理を安く食べることができるんだそうです。
残念ながらランチをする時間はありませんでした…。

Aquaというお店で、娘たちにおそろいのTシャツを買いました♪

2014051217303991e.jpg

今回の旅行ではヴェネツィアやピサでも感じたことですが…そしてパリなどほっといても世界中から観光客がやってくる場所によくありがちだけれど、ドゥブロヴニクでもメインストリートや港のお店の店員さんの態度がすごく投げやりだったり、不親切だなあ…と感じることがありました。

いくら風景がキレイでも、これではこの街やクロアチアという国に対して良くない印象が残ってしまうので、そこはとても残念だなと思います。
もちろんそういう人たちはほんの一部で、いい人たちもたくさんいるんですけどね。

船への最終乗船時間は午後1時30分。
私たちはスタッフさんが船に乗り込む姿を見て、慌てて船に走りました。
ドゥブロヴニク出港は2時。

いよいよクルーズ最後の夜を迎えます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ショッピング天国☆「ギリシャ・コルフ島 」vol.2

お食事のあとは、メインイベントのショッピングへ♪

フランクフルトのママさんたちから「ギリシャは革製品が有名」という情報を得たので、娘たち用のサンダルとかわいいギリシャ風ドレスを買うのがこの日の目的です^^

ローカルなスーパーマーケットめぐりが好きな私、早速見つけたので入ってみました。
コルフ島のヨーグルトと、

2014051106514022e.jpg

ギリシャでしか採れない、抗菌作用のある「マスティハ」というハーブを使ったガムを購入。
味には独特のクセがあります。

2014051106554120d.jpg

コルフ島は質のいい革製品やアクセサリーを安価で買うことのできる、ショッピング好きな方にはたまらない街だと思います☆
お友達は自分用にサンダルやアクセサリーなどを即決で買っていました。
KCからは「Tiareも何か買ったらいいのに」と言われたけど、個人的にあまり気に入ったものがなかったのよね…^^;

偶然見つけたヴェネツィアングラスのお店で、娘たち用にレースのブレスレットを購入。
一時期イタリアで大流行したことがあるので知っていて、できれば今回ミラノあたりで買おうかなと思っていたものです。
探す手間が省けたので、イタリアよりは高いだろうけどここで買っちゃった♪

写真ではピンクとオレンジに見えますが、実際の色はペールピンクとサーモンピンクです。

201405110650514d8.jpg

インテリアが好きなKCは、コルフ島出身のアーティストが作った壁掛けを買っていました。
すごく手が込んでいるのにお値段はお手頃です☆

20140511070418605.jpg

娘たち用のギリシャドレスを見つけたお店にて、店員のお姉さんたちと。
どこに行っても、いろんな人から「かわいい〜♡」と言ってもらったちびあでした^^

20140511065140dac.jpg 20140511065140def.jpg

娘たちのサンダルがなかなか見つからずほとんど諦めていたら、最後の最後でお店を発見。
すっかり満足して、再びシャトルバスに乗って船へ戻りました♪
最終乗船時間は夕方5時半、コルフ島出港は6時。

コルフ島は想像していた以上に素敵なところでした。
またいつか機会があればぜひ行ってみたいな〜。
KCの同僚の一人はここの出身だそうで、こんな素敵な場所に実家があるなんて羨ましいです^^

お部屋に帰ってから、早速ちびあにサンダル&ギリシャ風ドレスを着せてみたよ☆
ホントはちびらと同じベージュカラーのサンダルがよかったんだけど、シルバーしかサイズがなくて残念でした。
でも、これはこれでかわいいかな♡

20140511065051f2e.jpg

その後ちびらをキッズクラブにお迎えに行きました。
クラフトをしたり、ピッツァを作ったりとすごーく楽しかったみたい♪
ここでもスタッフさんに抱っこしてもらったちびあ。

20140511065051515.jpg

ちびらにもドレスを着せてみました☆
ギリシャ雷文(メアンドロス模様)がちびらのドレスは肩とウエスト部分に、ちびあのドレスは胸のあたりに入っています。
これは永遠の愛や永遠の命を表す模様なんだそう。
ラーメンのどんぶりなどに入っている模様と基本、同じものです( ´艸`)

20140511065051e68.jpg 20140511065051606.jpg

ディナーの後、ジェラートを買ってあげました。
おいしそうに食べるちびあ。

20140511065140f3d.jpg 20140511065051a10.jpg

夜のショーは「Starwalker(マイケル・ジャクソン・トリビュート)」

201405110731341ea.jpg

そっくりさんが口パクでマイケルの大ヒット曲を披露♪
ダンスがとってもお上手でした!

201405110731344ce.jpg

ビリージーンに始まり、バッド、スリラー

201405110731341d9.jpg

Heal the world, You are not alone, Earth Songなどいろんな曲をやってくれて大感激^^

2014051107313486c.jpg

最後は「We are the world」に合わせて、エンターテインメントスタッフが、クルーズの公用語5つ(イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語)で「ありがとう」の言葉を表していきます。

イタリア語の「Grazie」

20140511073134375.jpg

最後はシニアオフィサーや各部門のマネージャーたちが大集合!
お客さん総立ちの、感動的なフィナーレでした☆

20140511073158e21.jpg

改めてマイケルの偉大さを感じたショーだったわ^^

翌日はクロアチアのドゥブロヴニクに到着する予定です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

地中海クルーズ六日目♪「ギリシャ・コルフ島」vol.1

MSCファンタジアの地中海クルーズ6日目は、ギリシャのコルフ島へ☆

朝起きたら、虹が出ていました♪

20140511054703e06.jpg

この日はショッピングをメインにしたかったので、朝ご飯をすませてからちびらとお友達のKちゃんをキッズクラブに預けることに。
日によって違うけれど、基本朝の9時から夜の11時まで無料で預けることができ、ビュッフェにも連れて行ってくれます。

20140511054703318.jpg

201405110547037ae.jpg

ちびあも「ここで遊びたい〜!」と駄々をこねたけれど、残念ながら預けられるのは3歳から。

20140511054703e68.jpg

プールサイドで毎朝開催されている体操クラス。

201405110547039e3.jpg

太極拳をしている方たちもいました。

20140511054703f20.jpg

この日の9時半からは、日本語での下船説明会がありました。
荷物のタグの付け方やお部屋の外に出す時間、チェックアウト時の注意事項など。
流れはディズニークルーズの時と大体同じだったかな。

20140511054802e2a.jpg

プールサイドではドイツフェアをやっていました。

201405110548020ce.jpg

お昼を食べて準備をしていると、12時半頃コルフ島に到着。

201405110548029a7.jpg

シャトルバスの往復券を買って、旧市街に向かいました。
要塞のすぐ目の前まで連れて行ってくれます。
この日はお買い物メインなので、要塞は外観を撮ったのみ。

20140511054802593.jpg

お店が立ち並ぶ旧市街は、世界遺産に登録されているそうです。
この旅行で、路地のある街がますます好きになりました。

20140511060144fef.jpg

海綿はギリシャの特産品の一つなんだそうです。

201405110601444b6.jpg

地元の人だけが行っていそうな、タベルナを発見。
お友達が洗濯をしていてお昼を食べそびれたというので、入ってみることにしました。

2014051106014428c.jpg

コルフ島の地ビール

20140511060144b8d.jpg

スブラキピタ(なぜかフレンチフライ入り…)

20140511060144b01.jpg

ムサカ。
サントリーニ島でいただいたものとはまた別の、素朴なおいしさがありました。

20140511060144eed.jpg

ショッピング編に続きます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tiare

Author:Tiare
マンハッタンの片隅で二人の娘たちを育てる金融系ワーキングママ。

私自身がこれまで住んできた国々(日本・カナダ・スイス・フランス領ポリネシア(タヒチ ボラボラ島)・オーストラリア・英国スコットランド)とここニューヨークで経験した様々な文化や習慣を娘たちに伝えながら、日本語・英語・フランス語のトライリンガル教育を実践しています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Trip Advisor Japanおすすめブロガー認定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR