エリザベス女王のクリスマスメッセージ2016

イギリス本国で毎年クリスマスの日の午後3時からテレビ放映される、エリザベス女王のクリスマスメッセージ♪

女王陛下を国家元首とする、カナダやオーストラリアなど世界16カ国の英連邦の国々でも同時に観ることができるので、カナダに住んでいた頃からの習慣で私も毎年このスピーチを楽しみにしています☆



今年はリオデジャネイロで開催されたオリンピック&パラリンピックでのイギリスの選手の活躍を讃えられることから始まり、今年90歳を迎えられたご自身と、ご自身が長年関わってこられた慈善活動についても触れられました。

また、メダリストや命を救う仕事に従事している人からだけではなく「ボランティアや介護労働者、コミュニティーのまとめ役、良き隣人など、非凡なことを成し遂げている一般の人々に会うたび感銘を受けた」と市民一人一人による社会への影響を語られました。

さらにマザーテレサの言葉を引用して「小さなことを大きな愛情を持って行うことの尊さ」を述べられ、「いくつもの小さな善意の積み重ねが、やがて私たちの想像を超える大きな影響をもたらすでしょう」と、キリスト教精神に基づく社会貢献の大切さを呼びかけられています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 私の祖母はエリザベス女王と同い年で、お誕生日が一日違いです。女王陛下にも祖母にも、これからもずっと元気で長生きしてもらえればいいなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

エリザベス女王のクリスマスメッセージ2015

一昨年から去年にかけて一年間滞在したイギリス本国、またカナダやオーストラリアなどエリザベス女王を国家元首とする英国連邦の国々に合わせて10年以上住んでいたこともあり、女王陛下のクリスマスメッセージは私にとってもカナダ時代から親しんでいるものの一つです♪

「世界が暗闇の瞬間に何度も立ち向かわなければならなかった年でした」とパリのテロ事件などを振り返られ、聖書の一節を引いて「光は暗闇を照らす。そして暗闇が光に打ち勝つことはない」と語られています。



I wish you a very happy Christmas!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 毎年これを観ないとクリスマスという気がしません…^^;

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

懐かしのユーロスター

最近地下鉄の構内でよく見かけるようになったユーロスターの宣伝ポスター。

IMG_1238.jpg

見かけるたびに懐かしかったり、パリに思いを馳せたりと複雑な気持ち。

また、イギリス人の友人が「ロンドン郊外の家から出社する僕よりも、毎日ユーロスターに乗ってフランスからロンドンに通勤してくる同僚の方がトータルの通勤時間が短いんだよ。これっておかしくない?それほどロンドンの交通事情は絶望的だってことだね。」と笑いながら言っていたことを思い出します…^^;

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ ロンドンはとっても素敵な街だけれど、住みやすいのは断然ニューヨークの方だと思うわ…。

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

スコットランドな朝

朝からバグパイプの音がプガプガ聴こえるなあ〜と思って窓の外を見てみたら、こんな光景が。

DSC_8635.jpg

なぜに道路の真ん中にバグパイプ隊?
しかも我が家に向かって??

一人訝しんでいると「Amazing Glace」を演奏する彼らの前を一台の霊柩車がさーっと走り抜けて行きました。
…ああなるほど、この方のためだったのね。

お亡くなりになった方は、スコットランドに縁のある方だったのかしら?
何はともあれ、ご冥福をお祈り申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ そろそろ朝食にオートミールが欲しくなる季節です♪

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

女王陛下のクリスマススピーチ

毎年クリスマスの日に個人的に楽しみにしているものの一つが、エリザベス女王のクリスマスメッセージ♪

今年は第一次世界大戦から100年を迎えた年だったことや、9月に行われたスコットランドの独立投票などにも触れ、和解と平和の大切さについてお話ししていらっしゃいます。

ご興味のある方はこちらから☆



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ またいつかヨーロッパでクリスマスを過ごしたいです^^

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tiare

Author:Tiare
マンハッタンの片隅で二人の娘たちを育てる金融系ワーキングママ。

・モンテッソーリ教育
・アドラー心理学の勇気づけ(ポジティブ・ディシプリン)
・教育キネシオロジー・ブレインジム

を三本柱に、これまで住んだ国々(カナダ・スイス・フランス領ポリネシア(タヒチ)・オーストラリア・イギリス)とニューヨークで出会った様々な学校&家庭教育メソッドを楽しく研究&家庭で実践中です♡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Trip Advisor Japanおすすめブロガー認定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR